Home > Infomation

お知らせ

■ 季刊詩誌あすら第50号(2017年11月)が発行されました。
 
あすら50号
目 次
【巻頭小言】 感受性の力 ムイ・フユキ
   
【特別寄稿】  
「2017年平昌 日中韓詩人祭」に参加して  
近くて近い韓国の詩人たち 大城 貞俊
   
【第50号記念 特別寄稿】  
わがジュリアナ2 新城 兵一
ニンブチャー 仲本 瑩
   
【特集】第40回山之口貘賞受賞
「神々のエクスタシー」
 
受賞のことば  あさとえいこ  
受賞を祝して  同人一同  
   
読者のページ【詩のテラス】  
カフェにて 知念 ウシ
マッタブ  
わたしは誰か 玉木 一兵
懐疑的分別  
   
【詩】  
無音のすれちがい ローゼル川田
空洞に骨 阿手川 飄
秋の雲 うえじょう 晶
気にかかる うら いちら
「糞」育のすすめ かわかみ まさと
見えないことば  
さざ波  
きみはうちゅう 久貝 清次
ありがとう  
夢の瓦礫 佐々木 薰
鳥 葬  
プマヤージククの夜 ムイ・フユキ
   
【詩画展】「ひとつながりのいのち」 久貝 清次
   
【エッセイ】  
わが流浪の文学と先達 伊良波 盛男
   
【割り甕】  
バックナンバー一覧 NO.31~NO.50  
【受贈詩集・詩誌】  
【編集後記】  
   
  題字・表紙画・カット  久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第49号(2017年8月)が発行されました。
 
あすら49号
目 次
【巻頭小言】 臨床の詩 ムイ・フユキ
   
【特別寄稿】
報告『日毒』八重山シンポジューム 八重 洋一郎
   
読者のページ【詩のテラス】  
海嘯 田中 真人
ゴホウラの貝  
海の喉 佐川 亜紀
   
【詩】  
プレコクスの男 ムイ・フユキ
無人島 ローゼル川田
ジーン ジーン ジャー  
島の母たち あさと えいこ
売られた牛  
ハベル 孵でる  
古い手帳 阿手川 飄
五歳の好奇心 伊良波 盛男
夏の雲 うえじょう 晶
痛い夏 うら いちら
朝ご飯 かわかみ まさと
まもるきみ 久貝 清次
ひとしずく  
慟哭―贖罪のファサード 佐々木 薰
切り岸  
   
【エッセイ】  
八月 ― あの日の空は青かった 佐々木 薰
   敗戦と天皇と沖縄の表現者たち  
   
【詩論】  
「小林秀雄」の青年詩人達に対する批判を介して 安里 昌夫
   
   
【あすらの本棚】  
『城間船 中国漂流顛末』竹原孫恭 佐々木 薰
   八重洋一郎詩集『日毒』のルーツを探る  
   
【割り甕】  
【受贈詩集・詩誌】  
【編集後記】  
   
  題字・表紙画・カット  久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第48号(2017年5月)が発行されました。
 
あすら48号
目 次
【巻頭小言】 体の声を聴け ムイ・フユキ
   
【特集】国境を越えて疾走する詩人・韓成禮の詩 韓成禮(ハンソンレ)
   
読者のページ【詩のテラス】  
残波岬 中地 中
   
【詩】  
文字盤 佐々木 薰
導火線  
新世界  
S氏の坂道 ムイ・フユキ
廃墟の風 ローゼル川田
攻撃詩、可能? 阿手川 飄
悪魔の囁き 伊良波 盛男
魚の記憶 うえじょう 晶
地球団子 かわかみ まさと
タブレット~祈りなき貧しき時代の~  
自由の穴  
ひとつながりのいのち 久貝 清次
おばあさんはいきている  
たいよう と あそぼ  
   
【詩論】高村光太郎の詩(Ⅱ) 安里 昌夫
   
【エッセイ】  
六月は沖縄忌 佐々木 薰
   
【俳句から風景】 ローゼル川田
   
【エッセイ】  
フリオ・ゴヤ展 ― 橋「二つの海岸を繋ぐ」 ローゼル川田
   
【あすらの本棚】  
八重洋一郎『日毒』を読む 佐々木 薰
   
【割り甕】  
【受贈詩集・詩誌】  
【編集後記】  
   
  題字・表紙画・カット  久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第47号(2017年2月)が発行されました。
 
あすら47号
目 次
【巻頭小言】 フシギな現象 ムイ・フユキ
   
【連載】韓国代表詩人シリーズ④(翻訳・韓成禮)  
金基澤(キムギテク)  
金慶淑(キムギョンスク)  
柳守珍(ユスジン)  
沖縄と韓国の詩翻訳交流を終えつつ 韓成禮(ハンソンレ)
   
読者のページ【詩のテラス】  
窓の景色 山川 宗司
   
【詩】  
春の雲 うえじょう 晶
予感 佐々木 薰
夢占  
飛ん飛ん走い青年―果物篭の詩学― ムイ・フユキ
ゆれる運動会 ローゼル川田
夕焼けの空から 安里 昌夫
オートファジー 阿手川 飄
海流を乗りついで 伊良波 盛男
お見舞い うら いちら
座蒲団丸 かわかみ まさと
青春  
サヨナラは悲しみにあらず  
グロテスクなコトバの食事会  
音無しの声  
およぐあかんぼう 久貝 清次
きみがうまれたほし  
   
アイヌ・琉球・台湾原住民文学紀行(16) 安里 英子
   
【あすらの本棚】  
崎山多美『うんじゅが、ナサキ』を読んで 佐々木 薰
   
【小説】尼僧 伊良波 盛男
   
【割り甕】  
【受贈詩集・詩誌】  
【編集後記】  
   
  題字・表紙画・カット  久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第46号(2016年11月)が発行されました。
 
あすら46号
目 次
【巻頭小言】 詩の源流 安里 英子
   
【連載】韓国代表詩人シリーズ③(翻訳・韓成禮)  
文貞姫(ムンジョンヒ)  
金嬉淑(キムヒスク)  
朴解纜(パクヘラム)  
   
読者のページ【詩のテラス】  
サマーワイン 沖野 裕美
   
【詩】  
うちゅうのはこぶね 久貝 清次
九月に吹く風 Kと雲と
二粒の種  
哭きうた 佐々木 薰
遥拝(ちむとーし)号の推進力(うむい) ムイ・フユキ
オーブントースター ローゼル川田
夜の目 あさと えいこ
武蔵野海進 阿手川 飄
パンツの穴から神々の世界が視える 伊良波 盛男
魂(いのち)の流れ かわかみ まさと
雀の涙  
ことばのしわ  
かえるはかえる  
忘れることは魂の財産  
   
【エッセイ】  
降り止まぬ雨-5月15日とは-③ 佐々木 薰
   
【割り甕】  
【受贈詩集・詩誌】  
【編集後記】  
   
  題字・表紙画・カット  久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第45号(2016年8月)が発行されました。
 
あすら44号
目 次
【巻頭小言】 みんな幸せになろうよ  安里 英子
   
【連載】韓国代表詩人シリーズ②(翻訳・韓成禮)  
宋燦鎬(ソンチャンホ)  
郭孝桓(クァクヒョファン)  
權炫衡(グォンヒョンヒョン)  
   
読者のページ【詩のテラス】  
邪鬼 波平 幸有
怪奇  
   
【詩】  
蝉と盆踊り かわかみ まさと
メモ -身体知能バトル-  
人の口  
浦島を待ち侘びる海亀 久貝 清次
野井戸が 佐々木 薰
因果園(フルーツフィールド)の秘密 ムイ・フユキ
ハブが出た ローゼル川田
赤水牛 伊良波 盛男
八月の叙情 Kと雲と
綱渡り うら いちら
   
アイヌ・琉球・台湾原住民文学紀行(15) 安里 英子
   
【エッセイ】  
降り止まぬ雨-5月15日とは-② 佐々木 薰
   
【あすらの本棚】  
ナショナルな心情 阿手川 飄
   
【割り甕】  
【受贈詩集・詩誌】  
【編集後記】  
   
  題字・表紙画・カット  久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第44号(2016年5月)が発行されました。
 
あすら44号
目 次
【巻頭小言】 骨たちの慟哭 安里 英子
   
【特集】―沖縄「現在」について思うこと―(50音順)  
はじめての沖縄に触れて 麻生 直子
福島から沖縄、そして人間へ 石毛 拓郎
美らの海で見たこと 考えたこと 奥村 和子
沖縄 北川 朱実
沖縄の若い詩にも注目 佐川 亜紀
「日毒」を滅ぼすために文学は良薬となれるか 鈴木 比佐雄
   
【連載】韓国代表詩人シリーズ①(翻訳・韓成禮)  
高銀(コウン)  
朴武雄(パクムウン)  
金鐘泰(キムジョンテ)  
   
読者のページ【詩のテラス】  
橋のある川 ローゼル川田
訂正「ニード」 伊波 泰志
   
【詩】  
揺れる うら いちら
「スゥヴッ」のお話 かわかみ まさと
ママ・朋  
岩の上の木麻黄(モクマオウ) 久貝 清次
島 Ⅵ -木魂しない木霊- 佐々木 薰
夕間暮色(ゆまんぎ)の影絵 ムイ・フユキ
若きアーティストに捧ぐ うえじょう 晶
メッセージ DAM
   
【詩 論】  
高村光太郎の詩 佐々木 薰
   
【個 展】  
久貝清次個展「戦後70年オキナワ」 久貝 清次
   
【エッセイ】  
降り止まぬ雨-5月15日とは- 佐々木 薰
   
【あすらの本棚】  
詩と浄土 阿手川 飄
   
【割り甕】  
【受贈詩集・詩誌】  
【編集後記】  
   
  題字・表紙画・カット  久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第43号(2016年2月)が発行されました。
 
あすら43号
目 次
【巻頭小言】  安里 英子
   
【新春特集】―沖縄若手詩人の現在― (50音順)  
天につば 新垣 俊
ニート 伊波 泰志
哀悼Ⅱ キュウリ ユキコ
からっぽ 知念 朋子
月曜の地下鉄を トーマ・ヒロコ
夕日 西原 裕美
ノイズ 松永 朋哉
遺言 宮城 信大朗
協定(3) 宮城 隆尋
   
【詩】  
影法師(かーがー)ぬ語(かた)い―肝塞ぐチルお婆― ムイ・フユキ
援詩 阿手川 飄
おりんさま その壱 うえじょう 晶
おりんさま その弐  
ロボットの悩み かわかみ まさと
ヒトの顔  
久貝 清次
もぬけの浜で 佐々木 薰
いちめんの夕焼け  
~~~~~~~~~~~~~  
少女像を守る若者たち 安里 英子
水滴が穿つ―基地・沖縄の願い 佐々木 薰
   
【エッセイ】  
サシバと鰰と桜 佐々木 薰
   
【受贈詩集・詩誌】  
【割り甕】  
【季刊ノート】  
   
  題字・表紙画・カット  久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第42号(2015年11月)が発行されました。
 
あすら42号
目 次
【巻頭小言】  うら いちら
   
【特集】 私の好きな詩歌・心のコレクション(最終回)  
「われら新鮮な旅人」への遍歴 速水 晃
山之口貘の詩「生きる人を生きぬく詩」 福原 恒雄
白いたんぽぽ ― 北原白秋 波平 幸有
愛する詩人たち 香川 浩彦
久米島「オモロ」への旅 山入端 利子
   
【詩】  
どこかでキリギリスが 佐々木 薰
十月、運河  
暴力とわたし  
秋空・他二篇 新城 兵一
ミーニシに寄せる断片 仲本 瑩
遥拝(ちむとーし)の丘 ―N子の帰郷― ムイ・フユキ
あなたのミッシング・リンク あさと えいこ
朝の微睡 安里 晶夫
鳥獣待ち 阿手川 飄
辺野古の人魚姫 うえじょう 晶
有明海 うら いちら
噴石投げ ―魂のロケット砲― かわかみ まさと
万葉乃三毛猫  
セイタカアワダチソウ  
岩骨 久貝 清次
   
【エッセイ】  
韓成禮さんを迎えて「歓迎と交流の夕べ」 佐々木 薰
   
【特別寄稿】  
他者とつながる言葉を探して 崎山 多美
   
【あすらの本棚】  
幼い日の読書 うえじょう 晶
   
【受贈詩集・詩誌】  
【資料・詩時評】  
【割り甕】  
【季刊ノート】  
   
  題字・表紙画・カット  久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第41号(2015年8月)が発行されました。
 
あすら41号
目 次
【巻頭小言】  うら いちら
   
【特集】 私の好きな詩歌・心のコレクション  
困った性分と、詩と 伊波 泰志
   
【寄稿詩】  
雑詩篇 主体と客体のロゴス 沖野 裕美
ブラックホール 与那覇 幹夫
   
【詩】  
ゴホウラ 久貝 清次
ユウバンタ 佐々木 薰
なにかが道をやってくる  
萌すもの・他二篇 新城 兵一
ガーブ川・水譜 仲本 瑩
御願直し(うがんのー) ―丘からの出発(ゆーだ)ち― ムイ・フユキ
母の印鑑 あさと えいこ
詩作(IX) 安里 晶夫
詩二篇 占領地 阿手川 飄
     数の韻  
噴火の如きポエムの意思(こころ) かわかみ まさと
水の夢  
   
【エッセイ】  
映画「沖縄 うりずんの雨」雑感 佐々木 薰
   
【小説】  
パラードの斧ひかりの檻 仲本 瑩
   
【受贈詩集・詩誌】  
【資料】  
【割り甕】  
【季刊ノート】  
   
  題字・表紙画・カット  久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第40号(2015年5月)が発行されました。
 
あすら40号
目 次
【巻頭小言】  うら いちら
   
【特集】 40号発刊にあたって。読者アンケート  
   
【詩】  
よみがえる「くに」 かわかみ まさと
帰化人  
魂の静物画  
春~モンシロチョウ~  
明日へ 久貝 清次
叫躁狂想曲「悲鳴」 佐々木 薰
辺野古―キャンプ・シュワブ第一ゲート前 新城 兵一
町には町のにおい肌をすべるのは季節 仲本 瑩
寮生Tの正魂(そーたまし) ムイ・フユキ
立て 飢えたる者よ! あさと えいこ
居酒屋から 阿手川 飄
知足 うえじょう 晶
五月の空  
ちょっとブレイク  
今日の一歩 うら いちら
   
【追悼】  
石川為丸さん追悼―詩集『海風 その先』他 佐々木 薰
   
【あすらの本棚】  
平野啓一郎『私とは何か 個人から分人へ』 うえじょう 晶
   
【小説】  
与那国紀行(Ⅱ) 安里 昌夫
パラードの斧ひかりの檻 仲本 瑩
   
【受贈詩集・詩誌】  
【割り甕】  
【季刊ノート】  
   
  題字・表紙画・カット  久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第39号(2015年2月)が発行されました。
 
あすら39号
目 次
【巻頭小言】  うら いちら
   
【特集】 私の好きな詩歌・心のコレクション  
跳梁跋扈する<人称代名詞>
―田村隆一詩について―
網谷 厚子
かなしみひとつ 千々和久弥に 安里 昌夫
   
【特別寄稿詩】 できないふり美人 トーマ・ヒロコ
   
【詩】  
携帯電話 うら いちら
鏡信仰 かわかみ まさと
超ゼロサム宣言  
わが身のよどみ~涙と顔と魂と~  
正月はさびしい  
ザン 久貝 清次
「我」 佐々木 薰
語るな。  
老齢戯画・他三篇 新城 兵一
町には町のにおい肌をすべるのは季節 仲本 瑩
合わせ鏡の女(いなぐ) ムイ・フユキ
グレーゴル・ザムザ氏へ うえじょう 晶
ルーミーの言葉を聞いている  
   
【エッセイ】  
宮尾節子アンソロジー『明日戦争がはじまる』雑感。 佐々木 薰
   
【あすらの本棚】  
個のときと共同のとき 阿手川 飄
『戦後サークル詩論』中村不二夫 佐々木 薰
   
【小説】  
パラードの斧ひかりの檻 仲本 瑩
   
【受贈詩集・詩誌】  
【割り甕】  
【季刊ノート】  
   
  題字・表紙画・カット  久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第38号(2014年11月)が発行されました。
 
あすら38号
目 次
【巻頭小言】 「間」抜けとロマン かわかみ まさと
   
【特集】 私の好きな詩歌・心のコレクション  
石垣りん 芝 憲子
甘ったるくない、おんなの詩。 トーマ・ヒロコ
   
【追悼】 東風平恵典さんの思い出 かわかみ まさと
   
【詩】  
ウティダカ由来 うえじょう 晶
トタン屋根に雨がふる かわかみ まさと
光を喰らうiPS細胞  
三ミリの巨匠 久貝 清次
自然の鼓動  
波打ち際で 佐々木 薰
メアクルパ  
町には町のにおい肌をすべるのは季節 仲本 瑩
離人の丘(フルーツ・フィールド)に風吹く
―A子の肝迷ぇ(ちむまでぇ)
ムイ・フユキ
   
【評論】  
動く標的と転位する射撃手
―『北川透 現代詩論集成』第一巻を読む―
新城 兵一
   
【エッセイ】  
宮古口(ミャークフツ)の行く末 川上 正人
   
【あすらの本棚】  
八重洋一郎『木洩陽日蝕』を読む 佐々木 薰
   
【寄稿】  
与那国紀行(Ⅰ) 安里 昌夫
   
【小説】  
パラードの斧ひかりの檻 仲本 瑩
   
【受贈詩集・詩誌】  
【割り甕】  
【季刊ノート】  
   
  題字・表紙画・カット  久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第37号(2014年8月)が発行されました。
 
あすら37号
目 次
【巻頭小言】 ロボット詩人の足音 かわかみ まさと
   
【特集】 私の好きな詩歌・心のコレクション  
金子みすゞの童謡より 西原 裕美
詩作空間を見詰めて 星 雅彦
   
【寄稿詩】 絶対歓喜~仲節幻想~ 勝連 繁雄
   
【特別特集】  
第37回山之口貘賞受賞
『与那覇湾―ふたたびの海よ―』
 
受賞のことば かわかみ まさと
かわかみまさと氏の受賞を祝して 同 人
   
【詩】  
羅列じゃいけない 阿手川 飄
島荒れる うえじょう 晶
高良山 うら・いちら
水の咆哮 かわかみ まさと
まぼろしの涙  
伝える石 久貝 清次
海峡をわたる 佐々木 薰
背の闇  
犬っころの唄・他二篇 新城 兵一
テンプラ坂の幽霊 仲本 瑩
ふたたびの離人の丘(フルーツ・フィールド)②
―母の呪縛(いちじゃま)
ムイ・フユキ
   
【あすらの本棚】  
開高健『流亡記』を読む 佐々木 薰
   
【小説】  
掌編小説・悪夢より 餓鬼 安里 英子
パラードの斧ひかりの檻 仲本 瑩
   
【受贈詩集・詩誌】  
【割り甕】  
【季刊ノート】  
   
  題字・表紙画・カット  久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第36号(2014年5月)が発行されました。
 
あすら36号
目 次
【巻頭小言】 コピペとリフレーン かわかみ まさと
   
【特集】 私の好きな詩歌・心のコレクション  
ミクロコスモス 桐野 繁
私の好きな詩歌 与那覇 恵子
ときには詩より短く、カフカの寓話 あさと えいこ
   
【寄稿詩】 老翁 大瀬 孝和
   
【詩】  
ふたたびの離人の丘(フルーツ・フィールド)
―母の呪縛(いちじゃま)
ムイ・フユキ
詮方なし うえじょう 晶
祈り  
今どきの東京生活 うら・いちら
まなざし かわかみ まさと
わたしのことば  
いのちの穴  
 
海辺にて 久貝 清次
隣家へ 佐々木 薰
空中楼閣  
空のどこかで・他三篇 新城 兵一
手づくりの地勢図を 仲本 瑩
   
【エッセイ】  
日本復帰前夜のこと -崎間敏勝先生の一周忌に- 佐々木 薰
   
【あすらの本棚】  
いつかきてほしい世の中とは 阿手川 飄
   
【小説】  
パラードの斧ひかりの檻 仲本 瑩
   
【受贈詩集・詩誌】  
【割り甕】  
【季刊ノート】  
   
  題字・表紙画・カット  久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第35号(2014年2月)が発行されました。
 
あすら35号
目 次
【巻頭小言】 時至れば かわかみ まさと
   
【特集】 私の好きな詩歌・心のコレクション  
「ひらがな」の多用表記を巡って 大瀬 孝和
びりびり、そして詩を生きること 栗野 慎一郎
うしろすがたのしぐれていくか おりざ
   
【寄稿詩】 晩秋の柘榴 田中 眞人
【追悼】 仲嶺眞武 佐々木 薰
宇宙と共鳴し「二度目の産声」をあげる孤高の表現者  
   
【詩】  
夕占(ゆうけ)びと 仲本 瑩
岩屋(イヤンヤ)の祟(タブ)エ-慈父(ジユー)の島Ⅲ- ムイ・フユキ
紅カブ変態 あさと えいこ
病室の世間  
不 通 阿手川 飄
ロシア独り言 うえじょう 晶
まだ うら・いちら
プランクトンが死んだら かわかみ まさと
無(んーぶ)  
ゆいまーる  
里の神様  
友への手紙 久貝 清次
ボート・ピープル 佐々木 薰
がらんどう  
高曇りの空 -辺野古・他二遍 新城 兵一
   
【エッセイ】  
わたしたちの生の根拠の説明なき崇高さへ 田中 眞人
  ―― 『弟または二人三脚』への感想  
『琉球音楽 聲樂譜附工工四發祥の地』の碑 仲本 瑩
   
【個展】  「琉球八景」 久貝 清次
【展評】  「表出された共通項」 ローゼル川田
   
【受贈詩集・詩誌】  
【割り甕】  
【季刊ノート】  
   
  題字・表紙画・カット  久貝 清次  
   
■ 「琉球八景」久貝清次展を開催いたします。
2014-1-18UP
琉球八景
「琉球八景」久貝清次展 (徐葆光‐周煌‐葛飾北斎)を訪ねて

会期:2014年1月21日(火)~2月2日(日)
時間:午前10時~午後7時(最終日5時迄)1月27日休館
会場:那覇市民ギャラリー(パレットくもじ6F)
TEL098-867-7663 入場無料
 会場HPパレットくもじ

お時間がございましたら是非ご高覧賜りますようお願い申し上げます。
個展の模様は、追って掲載致します。どうぞよろしくお願い致します。
■ 季刊詩誌あすら第34号(2013年11月)が発行されました。
2013-12-1UP
あすら34号
目 次
【巻頭小言】 仲本 瑩
   
【特集】 私の好きな詩歌・心のコレクション  
なにも知らない同士 矢口 哲男
此処ではない何処か うえじょう 晶
   
【詩】  
塔――わたしの死者 新城 兵一
どぅなんちゃん 仲本 瑩
伝えたい自伝  
風(カディ)淀む -慈父(ジユー)の島Ⅱ- ムイ・フユキ
生の糸 阿手川 飄
海の墓標 うえじょう 晶
高良山 うら・いちら
エモンズ(USS Emmons) おりざ
とおりゃんせ  
うたかた  
アプサラ・ダンス  
水漏れ かわかみ まさと
ミジンコ  
動物園  
幸木 久貝 清次
幸人  
ケツァルコアトルの夜 佐々木 薰
島(4)  
   
【エッセイ】  
祈り おりざ
『沖縄を生きるうたびとたち 3』梅田智江 佐々木 薰
上原生男論 -詩篇についての考察(2) 新城 兵一
松茂良興作 -泊手(トゥマイディー)② 仲本 瑩
   
【受贈詩集・詩誌】  
【割り甕】  
【季刊ノート】  
   
  表紙画・題字 松永 優   イラスト 久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第33号(2013年8月)が発行されました。
2013-9-20UP
あすら33号
目 次
【巻頭小言】 仲本 瑩
   
【特集】 私の好きな詩歌・心のコレクション  
いちばんすてきな海 石川 為丸
パウル・ツェランと石牟礼道子 うら・いちら
   
【特別企画】  
どこへ行こうとしているのか 後田多 敦
尖閣 ~琉球の帰属問題から 仲本 瑩
   
【詩】  
島(3) 佐々木 薰
海・風 他三篇 新城 兵一
どなんにて 仲本 瑩
フルーツ・フィールド④ -慈父(ジユー)の島- ムイ・フユキ
沈黙の声 うえじょう 晶
紫陽花 うら・いちら
ウンガミ おりざ
真っ赤なトマト  
翡翠(かわせみ)  
ヘクトパスカルの空  
水字貝幻視  
白い魚  
与那覇湾 かわかみ まさと
天下人  
綱なふ手  
花心 星心 久貝 清次
   
【エッセイ】  
琥珀の国から(1) おりざ
『沖縄を生きるうたびとたち 2』矢野克子 佐々木 薰
上原生男論 -詩篇についての考察(1) 新城 兵一
松茂良興作 -泊手(トゥマイディー)① 仲本 瑩
   
【受贈詩集・詩誌】  
【キャンプシュワーブ沖海中写真の反響】  
【あすらの本棚】  
実在するかのように感じることについて 阿手川 飄
   
【割り甕】  
【季刊ノート】  
   
  表紙画・題字 松永 優   イラスト 久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第32号(2013年5月)が発行されました。
2013-5-26UP
あすら32号
目 次
【巻頭小文】 仲本 瑩
   
【特集】 私の好きな詩歌・心のコレクション  
コレクション 上原 紀善
詩歌徘徊 黒島 敏雄
   
【寄稿詩】  
無から生まれて無に還る 伊良波 盛男
   
【詩】  
神さまをひろってきた 久貝 清次
島Ⅱ 佐々木 薰
今夜のおとぎ噺  
笑納 仲本 瑩
笑納せよ  
黒い舌  
フルーツ・フィールド③ -空洞(ゴーラ)の中- ムイ・フユキ
時は満ちて あさと えいこ
それとしらずに  
毛虫のツノ うえじょう 晶
御嶽(ウタキ)と電信柱 かわかみ まさと
目刺し  
骨董品 ~甦るまぼろし~  
   
【エッセイ】  
アイヌ・琉球・台湾原住民文学紀行(14) 安里 英子
『沖縄を生きるうたびとたち 女性篇』(1) 佐々木 薰
インドから ~その2 仲本 瑩
   
【あすらの本棚】  
物価の上昇を目標とすることについて 阿手川 飄
鈴木次郎詩集『琉球海溝』を読む 佐々木 薰
   
【割り甕】  
【受贈詩集・詩誌】  
【季刊ノート】  
   
  表紙画・題字 松永 優   イラスト 久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第31号(2013年2月)が発行されました。
2013-3-10UP
あすら31号
目 次
【巻頭小文】 仲本 瑩
【追悼】真久田 正 なからだから節  
   
【特集】 私の好きな詩歌・心のコレクション  
銀河の詩人たち 久貝 清次
いわき市小川町で一篇の詩に。 仲村渠 芳江
雑居ビルのようなものです 松原 敏夫
   
【詩】  
洗礼 ~素潜り二分の壁~ かわかみ まさと
還暦  
野獣の声  
木とは 久貝 清次
佐々木 薰
ゆらぎてなお 仲本 瑩
フルーツ・フィールド② -魂込み(まぶいぐみ)- ムイ・フユキ
もう春か 阿手川 飄
若き人へ うえじょう 晶
いのち  
   
【エッセイ】  
アイヌ・琉球・台湾原住民文学紀行(13)  
   赤子を守護する火の神 安里 英子
インドから 仲本 瑩
   
【新春寸感】  
【資料】二〇一二・年末回顧  
【割り甕】  
【季刊ノート】  
   
  表紙画・題字 松永 優   イラスト 久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第30号(2012年11月)が発行されました。
2012-12-4UP
あすら30号
目 次
【特集】 私の好きな詩歌・心のコレクション  
純粋なおとなになりたい 市原千佳子
ふたりの言葉にうたれた 岡本 定勝
鮎川信夫の詩の風景 砂川 哲雄
わたしの好きな詩歌 宮城 隆尋
   
【詩】  
怪鳥 うえじょう 晶
「フォッサ・マグナ」 うら いちら
夢夢暮らし 沖野 裕美
クイチャー踊り かわかみ まさと
「ああ そうかい、カネ くうかい」  
「小さな海」  
「サンドイッチマンの涙」  
光と霊気流 久貝 清次
夜香木  
風が強い 佐々木 薰
夕焼けは謎だ  
海を見る。  
黒い騙し絵 仲本 瑩
フルーツ・フィールド -離人の丘- ムイ・フユキ
かくことがない 阿手川 飄
   
【エッセイ】  
末吉の滴り- シリーズより 仲本 瑩
   
【割り甕】  
【季刊ノート】  
【あすらの歩み・バックナンバー一覧】  
   
  表紙画・題字 松永 優   イラスト 久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第29号(2012年8月)が発行されました。
2012-9-3UP
あすら29号
目 次
【特集】 私の好きな詩歌・心のコレクション  
貘、そして琉球詩へ 後田多 敦
詩への執念―その魂に触れて 佐々木 薰
高木護という詩人 比嘉 加津夫
   
【詩】  
阿手川 飄
六月のレクイエム うえじょう 晶
一年後の現実 うら いちら
一年後の現実(二)  
マリリン 沖野 裕美
鳥追いゑなぐ  
なみのなみだ かわかみ まさと
「〟」、漂流  
化石に波打つ音 久貝 清次
蝉が鳴く 佐々木 薰
花火  
立チ竦ム  
末吉の蒼い森で 仲本 瑩
闇夜は少しだけ白い  
サガリバナ幻想 ムイ・フユキ
   
【エッセイ】  
アイヌ・琉球・台湾原住民文学紀行(12)  
   「パンノキ」とアミの文学 安里 英子
末吉の滴り―「執心鐘入」の場 仲本 瑩
   
【割り甕】  
   
【季刊ノート】  
   
  表紙画・題字 松永 優   イラスト 久貝 清次  
   
■ 季刊詩誌あすら第28号(2012年5月)が発行されました。
2012-6-3UP
あすら28号
目 次
【特集】 私の好きな詩歌・心のコレクション  
吉本隆明「エリアンの手記」 樹乃タルオ
詩はどこにある ムイ・フユキ
   
【詩】  
SADA画伯の絵 ムイ・フユキ
定年 うえじょう 晶
光る流滴 沖野 裕美
その時間  
日本語(コトバ)の廃炉 かわかみ まさと
日本語(コトバ)とワルツ  
天海の眼 久貝 清次
遠吠え 佐々木 薰
アネハヅルの折り方  
浮遊し流離する 仲本 瑩
   
【エッセイ】  
特別寄稿  
   異数と不在―わが青春の詩 新城 兵一
アイヌ・琉球・台湾原住民文学紀行(11)  
   池澤夏樹『静かな大地』を読む 安里 英子
人怖がり(ちゅ・うとぅるぅ) 阿手川 飄
思いの発するは花の前 仲本 瑩
   
【割り甕】  
   
【季刊ノート】  
   
  表紙画・題字 松永 優   イラスト 久貝 清次  
   
■ 与那国フェスタ2012
2012-3-7UP
ミント2012年4月15日(日)に、南風原文化センターにて「与那国フェスタ2012-映画と物産の会」が開催されます。
連絡先:イソバの会と響きあう沖縄ナビーの会
098-889-6575(レストランやさい畑:照屋さんまで)
映画2本「老人と海」、「与那国カウボーイズ」を上映し、前売券1000円、当日券1200円です。
収益金は与那国島へのカンパになります。
与那国フェスタ案内PDFはこちらです。
写真は、やさい畑:照屋さんのハーブ。野菜は全て自家製です。
■ 季刊詩誌あすら第27号発行(2012年2月)
2012-3-3UP
あすら27号
目 次
【特集】 私の好きな詩歌・心のコレクション  
私の文学の先達に敬意を表して 伊良波 盛男
真実の詩は消える エミリ・デイキンスン かわかみ まさと
現代俳句の新しい地平 平敷 武蕉
   
【詩】  
窮死のための一章 仲本 瑩
南風回い ムイ・フユキ
かお 阿手川 飄
贖罪 うえじょう 晶
初夢 うら いちら
真っ青な壁画 沖野 裕美
わぁばりぐとぅ  
崩壊のアンモナイト  
閉店セール かわかみ まさと
「かわみつ」さん  
新・逆さ富士  
久米村を偲ぶ 久貝 清次
一瞬の火だるま 佐々木 薰
砂漠に向かう  
いちめんの雑草が  
   
【エッセイ】  
アイヌ・琉球・台湾原住民文学紀行(10)  
   武田泰淳「森と湖のまつり」について 安里 英子
魔女裁判からネクロノミコンへ 仲本 瑩
   
【割り甕】  
【資料】 二〇一一琉球新報年末回顧  
【季刊ノート】  
   
  表紙画・題字 松永 優   イラスト 久貝 清次  
   

更新情報

■ 更新
あすら44号の目次を掲載しました。

ページのトップへ戻る